日本生体医工学会関東支部
若手研究者発表会2020
Young Investigator Workshop 2020
Japanese Society for Medical and Biological Engineering


開催日
Date
2020.12.12 (Sat.)
会場
Venue
芝浦工業大学 大宮キャンパス
オンライン(Zoom)開催
Shibaura Institute of Technology, Omiya Campus
Held by online (Zoom)
演題締切
Submission Deadline
2020.11.14 (Sat.) (準備中)
参加登録締切
Registration Deadline
2020.12.06 (Sun.) (準備中)
主催
Organization
公益社団法人 日本生体医工学会 関東支部
JSMBE Kanto Region


大宮キャンパス生命科学科

 日本生体医工学会関東支部は,生体医工学に関連する研究を推進する若手研究者の育成を目的として,主に学生(大学院生,学部4年生, 高専専攻科2年生等)を中心とした若手研究者の発表会を今年度も開催いたします.奮っての参加をお願いいたします.

  • 日本生体医工学会関東支部
  • 日本生体医工学会

新着情報 News

2020 / 10 / 10
日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2020のWebページを開設しました.
演題募集開始は10月中旬を予定しております.

ご挨拶 Greetings

 コロナウイルスの影響で,大学の授業,ミーティングなど,様々な活動をオンラインで行わざるを得ない状況になっています.多くの学会大会も中止,またはオンラインで実施される形になっています.2020年度の関東支部若手研究者発表会の開催についても,当初東京農工大学の桝田晃司先生にお願いしていましたが,東京農工大学のキャンパスを訪問して実施することを目指して,2021年度に開催していただくこととなりました.このため急遽,芝浦工業大学主催で今年度の発表会をオンラインにて開催する運びとなりました.
日本生体医工学会は,医療・福祉・健康と関連する工学技術の進展と普及を目指した活動を進めてきました.コロナウイルスの蔓延で様々な課題が生じています.これらの課題を解決するのに生体医工学で培われた知見や技術は大いに役立つことと思われます.また今後この分野を発展させることが,ますます重要であると実感させられています.その発展のためには,生体医工学の今後を担う若手の研究者の育成が非常に大切であり,本発表会はその育成を目的としています.
 本会は,通常の学会とは異なり,可能な限り異なる分野・異なる所属の発表者でセッションを構成するようにしています.生体医工学の学術領域は,基礎から応用まで,また機械・電気電子・情報工学から生物学・物理学・臨床医学・看護学まで多岐にわたります.参加者の皆様には,自己の専門にとらわれず生体医工学の研究を横断的に聴講し,議論を通じて知見を広めていただきたいと思います.また特別講演では,芝浦工業大学を退官された柴田政廣先生に,長年の研究を通じてのご見識について講演いただきます.
 大学での研究活動も,コロナウイルスの影響で制限を受けて,若手研究者の皆さんもご苦労されていることと思います.その中でもこの発表会を目標にして研究成果をまとめ,発表の際の質疑などを通じて得た助言を,研究や執筆中の論文にフィードバックして頂くことを願っています.そのためにも参加者の皆様には活発なご議論をしていただきますよう,よろしくお願い致します.
 今大会は,オンラインでの開催,予稿集もPDFでのオンライン上の配布とさせていただきます,また参加費を無料とさせていただきました.事前登録していただく必要はありますが,オンライン実施のメリットとして,より気軽に参加できる形となっています.是非発表者と同じ研究室の学生の方にもお声がけいただき,より多くの方々に参加していただくことを望んでいます.また優秀発表者には奨励賞を授与致します.受賞者の発表は会の最後に実施する表彰式・閉会式で行いますので,是非特別講演もご聴講いただき,最後まで参加いただきますよう,よろしくお願いします.

実行委員長 花房 昭彦
芝浦工業大学 システム理工学部 生命科学科

開催概要 General Information

開催日
Date
2020.12.12 (Sat.)
会場
Venue
芝浦工業大学 大宮キャンパス
オンライン(Zoom)開催
Shibaura Institute of Technology, Omiya Campus
Held by online (Zoom)
演題締切
Submission Deadline
2020.11.14 (Sat.) (準備中)
参加登録締切
Registration Deadline
2020.12.06 (Sun.) (準備中)
主催
Organization
公益社団法人 日本生体医工学会 関東支部
JSMBE Kanto Region
実行委員長
General Chair
花房 昭彦(芝浦工業大学 システム理工学部 生命科学科)
Akihiko Hanafusa (Shibaura Institute of Technology, College of Systems Engineering and Science, Department of Bio-science and Engineering)
発表資格
Eligibility of Presenters
若手研究者(発表者または共著者の中に生体医工学会会員を含むこと)
Young investigaors (Should include member of JSMBE within a presenter or co-authors)
参加資格
Eligibility of Participants
特にありません.期日までに参加登録下さい.
No qualification required. Please registor before the deadline.
参加費
Registration Fee
会員,非会員 Member & Non-member:無料 Free
表彰制度
Award
優秀な発表に対して表彰式にて表彰を行います.受賞には出席が条件となるので,表彰式・閉会式には是非ご出席ください.
Awards will be given for excellent presentations at the award ceremony. Attendance is necessary for receiving the award, please attend the award and closing ceremony.

演題募集と参加登録 Registration

概要

一般演題を募集いたします.
演題募集期間:2020年10月中旬~11月14日(土)

演題登録は下記参照のうえ,期日までにご応募ください.

演題応募方法 (現在準備中です)

インターネットによるオンライン登録のみです.
発表せずに参加のみの方は,「参加のみの方の登録」が必要です.

演題について

1)抄録は以下の要領にて作成してください.

  • タイトル:全角50文字以内
  • 抄録本文:全角500文字以内
  • Microsoft Wordの左下に表示される「文字数」は,正確な「全角」文字数より少なく表示される場合がありますので,タイトル・本文とも末尾まで正しく登録されているか必ずご確認ください.
  • 抄録集掲載の都合上,抄録レイアウトを事務局にて調整させていただく場合がございます.予めご了承ください.

2)入力時の注意事項

  • 図を1枚入れることができます.図は無しとすることも可能ですが,入れることを推奨します.
  • 図は縦横ともに4cm程度以下になるように縮小して印刷されます.
  • 英字および数字はスペースを含め半角で入力してください.
  • 丸付き数字,ローマ数字,半角カタカナは使用しないでください.
  • 抄録はテキストデータのみを受け付けます.Microsoft Wordファイルで装飾した文字をそのままコピー&ペーストしていただくと装飾(イタリック,上付,下付)が自動的に外れます.装飾文字を使用せずにご執筆ください.
  • 上付き文字(例:Na+)や下付き文字(例:H2O)等の機種依存文字は使用しないで下さい.
  • 機種依存文字が含まれますと,正常に送信することができない恐れがあります.
    例:半角カタカナ,丸数字,ローマ数字,カッコつき漢字「(日),(株)」や単位 「cm,kg」などを全角1文字で表す特殊文字

演題の受領通知および採否通知

演題登録完了後,抄録登録通知がご登録のメールアドレスに配信されますので,必ずご確認ください.
登録演題の採否通知は,ご登録のメールアドレス宛にお送りいたします.
採否につきましては,大会長に一任ください.

登録後の修正・削除,演題登録に関するお問い合わせ

下記までメールでお問い合わせください.
E-mail:yjsmbe@@gmail.com
(全角@@を半角@一つに修正してからお送り下さい.迷惑メール防止のため全角で表示されています)

参加費

参加費は,発表者・参加者ともに無料です.

プログラム Program

特別講演

芝浦工業大学 元教授 柴田 政廣 先生
16:30~17:30

一般演題

発表について Presentation Method

発表方法

  • 発表者の方には,回線トラブル等に対応するため,事前に発表用PowerPointを提出していただきます. .
  • 発表するセッションの始まる5分前までに指定されたZoomアドレスの部屋に入って下さい.座長が出席を確認します.
  • 発表者は,自分のPCからZoomの画面共有機能を用いて発表して下さい.
  • 持ち時間は発表12分(予鈴11分),質疑応答3分とします.発表時間厳守でお願いします.
  • 優秀な発表に対しては表彰いたします(表彰式・閉会式への出席が条件となります).表彰式は閉会式と共に行いますので,是非ご出席ください.

アクセス Access

オンラインアクセス方法

発表登録者,参加登録者にはメールでお知らせします.

お問い合わせ Inquiry

研究会事務局

芝浦工業大学 花房 昭彦(実行委員長)
東京大学 中川 桂一(関東支部幹事)
東京大学 関野 正樹
芝浦工業大学 渡邉 宣夫
芝浦工業大学 高木 基樹

E-mail:yjsmbe@@gmail.com
(全角@@を半角@一つに修正してからお送り下さい.迷惑メール防止のため全角で表示されています)